期間工辞典@peacegovernment

借金持ちだったけどなんとかpeacefullな生活を送れるようになった僕のブログ。

【納得】工場の履歴書で志望動機をなんて書けばいい?…豊富な文例で解説します!

工場で働きたい理由は様々です。それは「給料が良いから」であったり、「通いやすい場所だから」という人もいるでしょう。しかし、いざ履歴書を書く時…それをそのまま書いてよいのかを迷う人は多いのではないでしょうか。大量採用だから適当に書いても受かるはず、という方も少なからずいると思います。しかし、だからと言ってNGワードを盛り込んで入社前から悪い印象を与える必要もありません。ここでは実際に工場勤めをしていた私が、後に続く皆さんへ…工場面接に使う履歴書の志望動機の書き方を、例文を交えてお伝えします。

製造業のライン・工場へ応募する際の履歴書の書き方の基本

【納得】工場の履歴書で志望動機をなんて書けばいい?…豊富な文例で解説します!
こちらの項目では、製造業のライン・工場の面接で使う履歴書の志望動機として、基本的な書き方の例文を紹介したいと思います。文字は丁寧に書くこと、基本項目欄を確実に埋めておくことは大前提として、採用者からチェックされるポイントは主に4つあります。

①仕事でどんな活躍ができるのか。
②どんな仕事をするのか理解しているか。
③当社に興味を持ったきっかけは何か。
④どのくらいの熱意を持って当社へ志望したのか。

特に重要なのは①と④です。これらを志望動機欄でアピールしていきましょう。
まず、①の場合。
「以前に同種の製造ラインで働いていました」などの、即戦力アピールです。採用者は「欲しい」と思うでしょう。
工場に勤めるのが初めての方であれば、コミュニケーション能力アピールがし易いと思います。
例えば、「連携作業による一体感や緊張感は、正に仕事の醍醐味だと思っています。」などです。「コミュニケーション力に自信があります」と直接的に書く方も多いですが、こちらの方が意識の高さを評価してもらえることうけあいです。

②、③の場合。
的外れな記述さえ避ければ及第点はとれるでしょう。最低でも募集要項は把握しておきましょう。
例えば、日産自動車のエンジン部品を製造する工場へ応募して「スカイラインのフォルムが好きで…」と書かれていれば、会社側は「部品の方だから、うちじゃ見れないけど…」と何とも残念な反応になってしまいます。

④の場合。
志望動機と言うぐらいだから「志」が大事なのだと、いつか読んだ就活本には書かれていました。

志望動機とは、一言で言って何なのか。
「これから、その会社に入って何をやりたいか」
「これから何をやりたいか」ということなのだ。

参照:ダイヤモンド・オンライン

これに尽きます。自分がその会社でやりたいことが、そのまま志望動機になるのです。ここでは応用し易い代表的なパターン二つを紹介します。

一つ目:人生の目標を掲げるパターン

「30代まではとにかく技術を磨き、それ以降には後輩を指導する立場に、そして40代以降には長になる意気込みで、御社に貢献できるようになりたいと思っています」

と書けば、人生をかけて長く会社に居てくれるというイメージを相手に与えることができます。

二つ目:技能・資格を示すパターン

工場での仕事であれば、リフト免許や危険物取扱者の資格を持った人間が必須という環境も珍しくないです。その資格を生かしたいという志望動機は自然ですし、もっともなアピールになります。

「工業系の高校に通い、エンジンや電気・電子部品の理解には自信があります。その技能を仕事に生かせればと思い、応募させて頂きました。」

などです。

特に一つ目のパターンの書き方は「良いことばかり書いて自分のハードルを上げたくない」という方にも使いやすい表現ですので、是非参考にしてみてください。

工場スタッフへ応募する際の履歴書の志望動機の良い例

派遣スタッフの場合には、履歴書の出来栄えはあまり気にしなくても良いでしょう。しかし、どうしても逃したくない求人や、正社員や正社員登用のある求人への応募の場合には少しばかりの気遣いは必要です。
今回は最も応募に不安を感じるであろう工場スタッフに応募する際「工場勤務未経験・有用な資格無し・中途採用」の場合を想定した履歴書の志望動機の例文を作りました。

志望動機:
私は御社にて幅広い知識と対応力、スキルを身につけ、10年以内には自分が成長して得たものを後輩へ教示できるような人物になりたいと思っています。

・作業を極めることで、この仕事のスペシャリストとなり、社内外問わず多くの人々から信頼される人間となることです。
・これまでに培ってきた「まかぬ種は生えぬ」の精神で、どんな仕事や物事にも意欲的に取り組み、結果を残すことです。
・この度は、仕事に対する誇りある御社の社員の方々と一緒に働きたいと思い、応募の運びとなりました。どうぞよろしくお願い致します。

目標を箇条書きにすることで、目を通しやすい文章にしました。志望動機欄の幅も履歴書のタイプによって違いますが、できるだけ余白が多くならないようにしましょう。

以下は就活サイトが指導する、志望動機の例文です。

・コンビニでのアルバイト経験のみの人が工場に応募する場合

細かい作業が得意なので、ものづくりに携わることを条件に、しっかりと技術を学んで身に付けられる地元企業への就業を希望していたところ、自動車業界でシェアを拡げている御社の求人に目が留まりました。特に中東・南米方面への輸出を増やし、海外拠点の展開も視野に入れているとのことでしたので、幅広い業務に携わりながら、アルバイト経験で身に付けた臨機応変な応対スキルを、文化の異なる国々との取引にも役立てられるのではないかと考えています。

参照:マイナビ転職

・工場ラインスタッフ経験者の場合

中食業界のパイオニアで、毎日○万食以上もの商品を製造・出荷している御社だからこそ経験できる、大規模製造のコスト管理や工程管理に携わりたく志望しました。この数年は予算から生産管理業務にも携わってきました。今後は製造現場の経験を生かしながらコストや工程の管理に併せ、スタッフの気持ちに寄り添い、労務管理や指導、問題点の改善などの業務にも携わりたいと考えています。

参照:マイナビ転職

例文をそのまま写してもいいのか?という質問については、万が一にも採用担当者がそのサイトを見ているかもしれませんし、丸写しは危険でしょう。
例文は複数ピックアップし、組み合わせて使うことをオススメします。

例文頼みはNG?工場の募集で履歴書に書いてはいけない志望動機例

では例文の丸写しをせずに執筆しようと考えたとき…気になるのはNGワードですよね。どこまで正直に書いて良いのか、相手より目線が上になっていないか等、注意すべき点はたくさんあります。採用担当者によっても基準はさまざまですが、ここでは工場の面接を受ける上で履歴書に書くのは避けた方がいい志望動機の例文を4つに分けて紹介します。

実は書かない方が良い志望動機!?その1:「家が近所で通いやすいと思った」

家が近ければ、会社が払う交通費も少なくて済むのは確かです。その為、近場の人を歓迎している会社があるのも事実です。なのになぜNGなのか…それは判断するのはあくまで会社側であり、応募する人間がアピールする点ではないからです。「家が近くなので長く勤められる」と書くのは間違いではないにしても、アピールとしてはかなり弱いです。また、転勤がある部署への応募であれば「転勤になったら辞めるんじゃ…」と思われても仕方がありません。どうしても書きたいのであれば、「私は○○に住んでおり、御社は常日ごろから馴染みある会社でした。いつしかこの会社で働く自分を想像するようになり…」ぐらいには変換した方がいいでしょう。

実は書かない方が良い志望動機!?その2:「給料が良い、待遇が良い」

有給所得実績が良かったので…、給料が良かったので…、育休があるから…という志望動機は少々あからさま過ぎかもしれません。採用者の心情としては、高待遇なのはその分社員に頑張って欲しいからです。入社前から給料・待遇について評価を述べるのは、避けた方が無難でしょう。
提示されている給料が自分に「ふさわしい」と思っている、上から目線と勘違いされる場合も…。書くことがこれしか無いという人であれば、待遇だけでなく業務内容にも関心がきちんとあることを合わせて伝えましょう。

実は書かない方が良い志望動機!?その3:コピペ文章

先にも述べたように、サイトの丸写しは避けましょう。採用担当者はたくさんの履歴書を扱います。担当者がそのサイトを知らなかったとしても、丸写しや少しもじっただけの履歴書は数多く存在しますので、コピペと思われない文章を作成しましょう。もう少し言えば、履歴書を買った時に付いているテンプレートをもじる人も多いので、避けた方がいいでしょう。

実は書かない方が良い志望動機!?その4:「未経験歓迎の求人だったので」

未経験歓迎や、資格が取得できることに魅力を感じ「勉強させて頂くつもりで頑張ります」というのは一見謙虚に感じます。書き方によってはNGとまでは行かないものの、向上心があるのか無いのかいまいち採用者に伝わりません。さらに消極的な性格が見て取られ、協調性にマイナスイメージを持たれることもあります。

紹介した履歴書の志望動機の例文を参考に工場の面接合格を勝ち取ろう!

ここまで志望動機について書かせて頂きましたが、いかがだったでしょうか?
「志望動機なんかより経歴やスキルの方が大事だ」と言う方もいらっしゃるかもしれません。もちろん華々しい経歴をお持ちであれば、そちらで採用を勝ち取れるのでしょう。
しかし、中には職場を転々としており、引け目のある経歴を持った方も少なくありません。かくいう私もその一人でした。志望動機の欄はあなたの良いところを存分にアピールできる場所です。経歴だけ見るとマイナスの印象であっても、志望動機の書き方を工夫することでプラスに転じることもあります。履歴書は手元にあるでしょうか?ぜひ今回の記事の例文を参考に、自分の言葉で工場への志望動機を仕上げてみて下さい。 この記事が工場志望の方たちのお役に立てれば幸いです。