期間工辞典@peacegovernment

借金持ちだったけどなんとかpeacefullな生活を送れるようになった僕のブログ。

期間工は3ヶ月でいくら稼げる?トヨタ自動車の期間工を例に解説


※下記の文章は経験者の肉声を元に、ブログ編集部が校正して掲載しております。

 

 

 

こんにちは。

 

このコーナーはデンソーやホンダの期間工経験者である「もちまる」が実体験をもとに期間工について抱く疑問に答えていくものとなっています。

 

それでは今回は期間工の中でも一番有名なトヨタ自動車の期間工で3ヶ月間の初回満了でいただけるお給料について、お話しをしていきたいと思います。

 

 

 

◆トヨタ自動車の期間工で3ヶ月間の初回満了でいただけるお給料について

 

 

まず期間工というものの労働には、契約期間というものがあります。

 

期間工は無期雇用ではなく有期雇用になっているので、ある程度の期間が過ぎてしまうと、契約満了という形になり、そこで退職するか、勤務態度が良好であったり、会社の方の増産計画等があったりすれば契約更新という形になります。

 

その際一旦そこで辞めるか続けるかという判断ができるものになっております。

 

 

 

大体の会社で3ヶ月、長い会社ですと6ヶ月というふうになるわけですが、トヨタの場合は最初の3ヶ月で一旦契約が満了できるようになっていて、その後からは6ヶ月ごとに契約が満了できるというものになっています。

 

 

 

1番最初の方だけ特殊なのですが、最初3ヶ月で一度契約の更新の見直しがあり、その後もう3ヶ月後、最初に契約してから6ヶ月後にまた契約期間の見直しがあり、そこからは6ヶ月ごとに、1年、1年半、2年という形で契約期間が定められるものになっています。

 

ですので、トヨタの期間工になった場合、最短で辞めるというふうになると3ヶ月の退職になります。

 

そこで気になるのが、トヨタの期間工を3ヶ月した場合どのくらい稼げるのかということではないでしょうか。

 

今回は、その3ヶ月でいくら稼げるかということを、トヨタの公式ホームページの方にある求人情報と、あとは実際に期間工をされている方の所得の情報を合わせてご紹介しようと思います。

 

 

 

◇公式サイトの求人情報から読み解く

 

まず公式サイトの方の求人です。

 

こちらの方には1年目の月収例が27万8250円〜30万970円というふうに記載されていて、初めてトヨタの期間工になる方というのは27万8250円の方に該当します。

 

したがって単純計算になりますが、以下の金額をすべて合計すると約108万円という金額になります。




    • 27万8250円×3ヶ月

 

    • 食費補助の1万円

 

    • 赴任手当の2万円

 

    • 特別手当の10万円

 

    • 満了慰労金の3万500円

 

    • 満了報奨金の9万1500円



ここから税金や年金、保険料が引かれるので、手取りで考えると80万円後半ぐらいの金額だと思います。

 

そこから生活費が引かれるわけですが、こちらは節約をしてお給料をほとんど貯めるのであれば、月3〜4万円ほどで生活ができますので、3ヶ月分の9〜12万円ほどさらに引かれる形になるので、大体70万円ぐらいの金額が3ヶ月で貯金できる上限の金額になっていると思います。

 

 

 

ここまで説明してきた数字は、あくまでトヨタの公式情報に基づいて、3ヶ月間勤めた場合の金額になっています。

 

 

 

◇トヨタの期間工の方の話から読み解く

 

やはり実際とは乖離があると思うので、次は実際にトヨタで期間工をされている方のブログから実際に3ヶ月間でいただいた給料というのをいくつか探してきましたので、そちらを見ましょう。

 

また、実際の期間工経験のある私の意見も含めてお話していこうと思います。

 

 

 

3名ほど実際にトヨタの期間工として働いたという方のブログを見てみましたが、皆さん大体同じような金額を稼がれていました。

 

 

 

3ヶ月のお給料と特別手当、慰労金等すべて含めて、手取りで80万円後半〜90万円前半ぐらいの金額を稼いでいらっしゃいました。

 

ですので、おおよそ公式サイトと同じ金額になっているのかなと思います。

 

3つのブログの中から1つ具体的な数字を挙げていこうと思います。

 

3ヶ月間の手取りの金額で87万円ほど、そこから生活費等引くことになると思うので、月3万円ほどを考えると、実際に貯金できる金額というのは、78万円ぐらいになってくると思います。

 

 

 

ですので、トヨタの期間工として3ヶ月務めた場合、100万円には届きませんが大体78万円という金額を貯めることができるようです。

 

 

 

◇トヨタの期間工で6ヶ月働くと給料はどう変わる?!

 

では、次に気になるのが6ヶ月で満了した場合はどうなるかということだと思います。

 

せっかく3ヶ月間働いたわけですから、そこでどうしても辞めなければならない理由があれば別ですが、このままあと3ヶ月、入社してから6ヶ月で満了しようと思う方もいると思いますので、今回は3ヶ月と6ヶ月でどのぐらいの違いがあるかを見ていきたいと思います。

 

 

 

まず毎月貰える方のお給料ですが、こちらは単純に倍を想定してもらえばいいかなと思います。

 

3ヶ月から6ヶ月と倍の期間働くことになっているので、貰える月収も倍になるのかなと思います。

 

6ヶ月務めた方は初回更新手当というのが、3ヶ月の更新をした時点で貰えるものになっているので、単純に最初の方に貰っていた特別手当等も3ヶ月と6ヶ月で比較すると手当も倍ぐらいになるのかなと思います。

 

満了金に関しては満了慰労金と満了報奨金に関しては、3ヶ月と6ヶ月で大きく違ってくるものになっています。

 

まず満了報奨金ですが、こちらは3ヶ月と6ヶ月共に1日あたり1500円というふうになっていますので、こちらは同じ金額になります。

 

しかしですね、満了慰労金というのがだいぶ変わってくるものになっていて、3ヶ月ですと1日あたりの支給が500円ですので、大体3ヶ月の満了の場合は3万円ほどになるのですが、6ヶ月の場合は1日あたりの支給額が1700円と3倍以上の金額になってきて、実際に6ヶ月満了で支払われる金額が20万円を超える金額になってきます。

 

 

 

これはだいぶ大きな違いになってくるのかなと思います。

 

 

 

3ヶ月で満了した場合、慰労金と報酬金含めて、両方で大体12万円ぐらいになっているわけですが、6ヶ月の場合は39万円と、やはりいただける金額に大きな違いが出てくると思います。

 

 

 

給料の方も6ヶ月お勤めになると、総手取り額は累計で150万円を超えてきますし、ひとまず目標で100万円貯めたいと思ってトヨタに入った場合でも、半年勤めていれば100万円+余裕ができるという形になるので、ある程度大きな金額を貯めたいなと思っているのであれば、3ヶ月で満了するのではなくて、半年という期間で考えた方が良いのかなと思います。

 

 

 

◇トヨタの期間工で6ヶ月以上働くとどう変わる?!

 

ここまでは3ヶ月と6ヶ月の満了についてお話してきましたが、最初にも触れたとおり、トヨタの場合6ヶ月以降は6ヶ月ごとの契約更新になっていて、次回の契約の更新は入社してから12ヶ月後になります。

 

 

 

1年後に満了退職した場合は、6ヶ月の時点で満了金がいただけで、さらに12ヶ月の時点でもう一度満了金がいただけるものになっています。

 

 

 

最初の3ヶ月の満了金というのは、3ヶ月で辞めた人しか貰えないものになっているので、半年で満了した方は、満了金が1回のみの支給になりますが、1年で辞めた場合は2回支給されるものになっています。

 

 

 

したがって6ヶ月以降、1年、1年半、2年と契約を更新していくと毎回満了金もいただけるものになってきますし、さらに満了金や日給も上がっていって、1年半のあたりから満了金も50万円を超えてくる金額になってきますから、100万円とは言わずもっと貯金したいなと思っているのであれば、なるべく長くトヨタの方で勤めていただいた方が良いと思いました。

 

 

 

【終わりに】

 

以上今回はトヨタの期間工で、短期的に3ヶ月や6ヶ月という期間で働いた場合、どれだけ稼げるのかについてお話してきました。

 

 

 

期間工で一番短い期間というと、やはり3ヶ月で満了する形になって、そういった会社は他にもあるわけですが、満了金等の金額の面で考慮すると、やはりトヨタが一番優れていると思います。

 

 

 

例えば、他社との比較になりますが、3ヶ月で満了できるホンダですと初回満了金は9万円ですし、あとは日野も3ヶ月での契約更新になっていますが、初回満了金は10万円ほどとなっています。

 

 

 

ちょっとした違いになってしまうかもしれませんが、こういった金額の違いもありますので、今後短期的に期間工をしてみようと思っている方は、満了金等も比較して会社選びをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

では今回は、トヨタの期間工についてお話しをさせていただきました。

 

 

 

ありがとうございます。