読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

期間工辞典@peacegovernment

借金持ちだったけどなんとかpeacefullな生活を送れるようになった僕のブログ。

【5%も落ちるの?】期間工の健康診断で落とされないために



あなたの身体は健康ですか?



期間工に合格したからといってすぐに働くことは出来ません。



工場配置される前に受け入れ教育と題して、健康診断、工場の説明、また書類の説明、申請などをおこなっていきます。



この受け入れ教育は雇用先の受け入れ教育をする寮で行われることが多く日数は5日間くらいです。



この時点ではまだ正式採用ではありません



つまり受け入れ教育内で落とされる可能性があるんです。



この受け入れ教育で落とされやすいポイントとしては危険なのが健康診断です。



もちろん健康診断で落とされても日給は発生しているので、小額ながら日給分と赴任時にかかった交通費を給料として支払われます。



せっかく面接に合格したのにもかかわらず健康診断で落ちるなんてばかばかしいですよね。



健康診断の目的としては健康に問題がないかどうかの確認をするとともに、タトゥーの有無などの確認ということが挙げられます。



 



~健康診断で落とされるの?~



50人いて1~2人くらいが健康診断で落とされるらしいです。



また合格した方には太った方や痩せている方もいらっしゃったので、よほど健康を害していなければ問題はないと思います。



ここで注意が必要なのがどの点を見て健康診断を落としているかです。



基本的に4点を見て判断されるといわれています。




  • 持病、腰痛を持っている

  • 入れ墨、タトゥーがある

  • 水虫

  • 高血圧(最低血圧100くらい)



という点を見ているらしいです。



このほかにも見ているらしいですが、確認できているのはこの程度です。



腰痛、水虫、高血圧など薬で対応できるものは事前に対応しておくのも良いでしょう。



期間工は肉体労働です。なのですぐ倒れちゃいそうな方や、動けない方では悲鳴を上げます。



もし選考が通過しているのだとしたら体調面は少しでも気を使っておくと良いでしょう。



そうならないためにも少し運動しておくのも良いかもしれません。



 



~赴任から業務開始までの流れ~





面接から赴任日までで最も長い人で1ヶ月半くらいの方がいたそうです。



短い人でも1週間位の期間は開くそうです。



このの受け入れ教育をするため、大人数がそろうまで開催が出来ないので面接合格したからといってすぐに赴任ということにはならないです。



今回はトヨタ期間工の健康診断の流れをご説明させていただきます。



<初日>



この日は入寮手続きをします。自宅通勤する期間工の方も受け入れ教育期間は入寮するので、ここで一度全員集合ということになります。



初日はこれにて終了です。入寮手続き終わり次第寮でひと段落といった流れです。



ただ、注意点がひとつあり、夕食をあまり食べ過ぎてはいけません。



なぜなら次の日から健康診断が行われるので、食べ過ぎて問題発生なんてことは避けてください。



<2日目>



この日は健康診断、従業員証の作成と服のサイズあわせなどです。



健康診断もあるため朝は食べてはいけません。昼食は会社から支給されます



何グループかに分けて健康診断を終わらせていきます。



健康診断の内容は身長・体重・腹囲・血圧・採血・レントゲン・心電図検査・視力検査・肺活量・採尿・握力などが行われます



心電図とレントゲンだけ上裸になります。この際にタトゥーが入っているかどうかを確認されています。



その後は1時間ほど適性検査を受けます。



この適性検査は合否に響かないらしいので、そこまで慎重になる必要もありません。



<3日目>



この日やることは書類の申請です。雇用保険や誓約書の必要書類の提出、健康保険、年金の申請などをおこないます。



印鑑は必須なので絶対に忘れないでください。



この日から健康診断で悪いものが見つかると荷物を持って帰宅という流れです。



以前は再検査なども行われていたそうですが、今は行われていないそうです。



しかしこうした内容は変化しやすいので、そのときそのときで違います。



<4日目>



書類の不備のチェックや、仕事の説明や、勤務地が確定したり、会社理解を深める日です。



また勤務地が違う人はこの日中に移動することがあります。



勤務地は会社が決めるので、自分の希望などは聞かれません。



その後は従業員証を渡され、従業員割引を利用して食事ができるようになります。



<5日目>



午前中は、勤務地で工場の受け入れ教育が少しあります。



終わり次第、ここから全員様々な勤務先に移動して入寮します。



自宅から通勤する方はこの日で家に帰れます。



<6日目>



工場で勤務開始。



 



~まとめ~



50人に1~2人は落とされると95%は通過するが5%は落とされるということです。



もし不安がある方は事前に治しておくと良いでしょう。



借りてる家を出てきて期間工になられる方など期間工の方も様々います。



もし面接は合格したが健康診断で落とされたとなったら非常にばかばかしいですよね。



事前に防げるものは防いでおきましょう。



また、期間工になるために判子や筆記用具は絶対に持ってきてください。



書類など事務的な手続きを行ううえでも必要です。



勤務開始までの受け入れ教育の流れや健康診断の内容も企業によってまったく違います。



健康診断が不安で期間工にならない方は、ぜひとも参考にしてみてください。