期間工辞典@peacegovernment

借金持ちだったけどなんとかpeacefullな生活を送れるようになった僕のブログ。

≪必見!!≫期間工更新しないと告げられた時の対処法


期間工になりたいけどせっかくなら長く働きたい!更新は出来るの?


そういう疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。


多くの場合、期間工は更新される可能性が高く、ある程度の仕事ができれば更新を続けられます。


ところが期間工更新しないと告げられることもあり、この時点で契約を更新せず、期間が終わった段階で会社から出ていくことになります。


更新されない時点で、戦力外通告とほぼ同じであると考えてください。


期間工更新しない理由は!?


ある程度の仕事ができれば、そもそも契約は更新されます。


期間工として仕事を続けて、それから正社員などの登用も期待できるのです。


しかし更新しないと言われたら、その時点で契約は終了となります。


更新しない理由は様々ですが、大半の場合は仕事ができないと思われて、これ以上契約をしても無駄だと思われています。


これは屈辱的なことかもしれませんが、期間工として入っている社員も、ある程度力がもとめられるのです。


期間工更新しないことを自分で選ぶ人も


一定の期間で仕事の契約を取り続けること、これが期間工の仕事です。


長期的に契約をしてもらうには、相当な技術力も求められています。


ちょっとしたミスでも、これ以上契約できないと言われることもありますから、更新しないと言われた時点で、自分はこの会社では働けないことを把握してください。


更新しないと言われる理由については、他にも要因があります。


その1つが遅刻や欠勤が多いことです。


期間工更新しないと言われる背景に、遅刻をしている回数が多すぎる、欠勤によって仕事に出てこないケースがあるなど、仕事をしてくれないと判断される状況もあります。


これらは悪いイメージで見られるようになりますから、当然のように契約を更新しません。


これは社会人としてマイナスですから、ほぼ更新されないと判断してください。

もし契約更新ストップされたらどうすれば…!?

自分では契約を更新したくても、会社側から契約更新をしてもらえない場合もあります。

更新されない理由は様々ですが、遅刻や欠勤が多いなど、社会人的に問題視されるような態度は、どこの会社でも契約更新したいと思いません。

完璧に仕事をこなせというわけではなく、遅刻や欠勤をせず、一生懸命それなりに働いていれば、更新されないことはほぼありません。

それでも何かの理由で契約更新を断られてしまった場合はどうしたらよいでしょうか?

期間満了で契約を終了した場合は、離職後6カ月の間を開ければ同じ工場での再雇用が可能です。

ただ、途中で更新されなかった場合は、同じ会社での再雇用はありません。

同じ会社での再雇用が無理であれば、他の期間工を探すという手があります。

一度働いたからといって、実際に働くまでは自分に合う職場かわかりません。

会社側からの期間更新をしない、という選択肢と同様、自分でも更新しない選択肢もあるのです。

条件次第で少しでも長く勤めたかったら、期間更新をされるように、また同じ職場での再雇用をされることを目指して一生懸命働き、自分に合っていなければ他の期間工を探す方法もあるのです。

 

期間工更新しない状況を作らないために


遅刻をしないように気をつける、休みを取る場合はなるべく期間工の更新をされてから考えるなど、色々な注意点があります。


この注意を守っていれば更新されますが、守らないで遅刻を連発する、更には急に休みを取るなどの問題を起こしていると、契約を更新されない可能性は高いです。


自動車の工場では、とにかく製造を続けることが重要になっていますから、1人欠けてしまうと大変なことになるのです。


休みも多くて遅刻も連発するような社員は、当然ながら更新されません。


期間工自体は入りやすい仕事と言われますが、更新されるかどうかも重要になっており、生活態度が変わっていかないことには、契約を更新されないケースが多くなっているのです。


期間工は仕事もしやすく、採用される可能性も高いことから、意外と狙っている人がいます。


大手の会社が提供する求人で、しかも給料がそれなりに高いとなれば狙う人は多いです。


しかし仕事を行ってみて、全く自分に合わないと思ってしまうと、期間工更新しない選択も多くなります。


思っていたような仕事にならないなど、デメリット面だけを感じてしまい、自ら更新しない選択を考えるのです。


更新したい場合は、会社側から更新することを告げてくれるので、その時に更新を希望すればいいのです。


しかしある程度仕事ができても、更新しないことを選ぶ人もいます。


思っていたものと違う、意外と仕事が厳しい、そもそも合わないので辞めたいと思っているなど、理由が多数あります。


更新しない選択は、自分からも行えるので、大半の人はこちらを選び、期間工の仕事を終えています。


工場での仕事が多いために、どうしても製造ラインによって差が生まれてしまうこと、そして思っていることと全く違う仕事ばかりさせられるなど、意外と辛いことは多いです。


更新しない選択をする社員もある程度出てきて、その影響によって他の期間工に影響が出るなど、自分で更新しない場合は後のことも大変です。


自分でミスをしないように、周りに迷惑をかけないように仕事をすることが重要です。


期間工更新しないと言われた段階で、何らかの迷惑をかけてしまい、多くの人が困っているのです。更新されないような状況を作らないなら、自分で仕事を学び、トラブルを起こさないようにします。また更新しないことは自分でも選べます。


合わないと思っているなら更新を行わず、3ヶ月程度で満了しても構いません。


選択肢は働いている人にあります。会社側に一応選択権はあるものの、最終的な選択は自分で行います。


更新されるならそれはいいことで、むしろ働き続けることでさらなる待遇を狙えることもあります。


しかし合わない仕事を続けたり、トラブルなどで働くことが辛いと感じているなら、そもそも辞めてしまったほうがいいでしょう。


まとめ


期間工は、本当に厳しい中で仕事をしていくので、合わないなら働かないほうが無難なこともあります。


3ヶ月という期間で、どのような成績を挙げられるか、そしてトラブルの回数を減らせるかが重要になります。


とにかく更新してもらいたいなら、真面目に働いて何でも取り入れ、自分に足りないところを補いつつも頑張る姿勢を見せてください。


仕事をしているうちに嫌だと思うことがあるなら更新を考え直すなど、無理のないよう自分に合った選択を行ってください。