期間工辞典@peacegovernment

借金持ちだったけどなんとかpeacefullな生活を送れるようになった僕のブログ。

ブリヂストンの期間社員をお考えなら今がチャンス!

ブリヂストンの期間社員をお探しなら今がチャンスです!

ブリヂストンの求人は、大手メーカーということで、同じ工場系の求人と比べても非常に条件のいいものが多いのが特徴。

ブリヂストンってよく聞くけど、実際はどんな会社なの? 他の求人と比べて、収入は? お休みは? 福利厚生は? なぜ今がチャンスなの?

ブリヂストンで働きたい人必見の内容を、しっかりとレポートします!

期間社員と派遣社員の違いは?

期間社員と派遣社員の違いがわからない方もいらっしゃると思います。

そのあたりを表をみながら詳しく見てみましょう。

期間社員とは、期間契約社員、期間従業員、期間工などとも呼ばれています。

その雇用形態は、通常ですと就業先事業所と直接雇用契約を結びます。

この点が派遣社員とは大きく違うところになります。

派遣社員は、派遣会社と契約を結び、就業先事業所に派遣されるという形をとります。

期間社員は、就業先事業所の社員ですので、給料もそこからもらい、福利厚生もその会社のものを利用することになります。

期間社員は、自動車会社での就業が多いため、契約先事業所もトヨタ自動車やホンダ、自動車部品メーカーであれば、ブリヂストンなどの大手企業となり、待遇は必然的によくなります。

派遣社員は、派遣会社が契約先になりますので、給料も派遣会社から支給され、福利厚生も派遣会社のものを利用することになります。

それでも、就業先は期間社員と同じ。

業務の内容ももちろん同じです。

最近の求人では、入社祝金、寮完備、入寮無料といった、派遣社員と期間社員の待遇がほとんど変わらないものも多く出てきました。

ただ、期間社員最大のメリットといえる「満了金」は、派遣社員では支給されることはほとんどありません。

また、期間社員には働く期間が定められているため、契約終了になるまでに契約打ち切りということはありません。

派遣社員の場合、余剰人員が出ると会社側の都合で契約打ち切りという可能性もあります。

こうした違いは、労働者目線で見るとかなり大きなものになるといわざるを得ません。

このように、派遣社員と期間契約社員は、募集要項ではほとんどその違いが分かりませんので、こまかな待遇の違いをしっかりと知っておく必要があるのです。

ただし、派遣社員より期間契約社員が必ずしもいいという訳ではありません。

最近では、人材派遣会社の質はとてもよくなっていて、福利厚生も充実していて、正社員として雇用し就業先へ派遣するという「無期雇用派遣」といった制度もあります。

内容は複雑化していますので、それぞれのメリット、デメリットをよく調べておく必要があると思います。

期間社員って面倒そう?

「期間社員って、きついんでしょ?」

そもそも工場勤務とか、ラインの仕事とか、きつそうなイメージありますよね。

仕事が単調で孤独なんじゃないかとか、ミスしてラインを止めちゃったらイジメにあうんじゃないかとか。

先輩とあわなかったり、怖いリーダーが仕切ってたり。

工場が遠いから、寮に住み込まないといけないし、引越しも面倒。自炊できないと食費もかかるし、一人暮らしだと生活費もばかにならない。

工場が田舎だとあたりも不便そう。

どうしてだか、「工場勤務」というと悪いイメージが先行しがち。

期間社員の待遇がいいのは、実はそんな悪いイメージが役立っているといえるかもしれません。

悪いイメージだと、応募が少ない。ちょっとのことで「やっぱり!」と思って短期でやめていく人が多い。

そのため期間社員の待遇は、よくならざるを得ないのですね。

ところが、実際はこういった悪いイメージは「うわさ」や「思い込み」に過ぎないのです。

ブリヂストンの期間社員なら大丈夫!

ブリヂストンなら、そういった問題は全くありません!

引越し? 大丈夫! 

寮は生活に必要な備品が完備されたワンルームをご用意。必要最低限のお荷物で生活していただけます!

旅費? 大丈夫!

寮までの旅費は「赴任手当」が支給されますので無料です!

食事? 大丈夫!

食堂がありますので300円~500円程度でおいしい食事が楽しめます!

不便? 大丈夫!

寮の周辺にはスーパー、コンビニがありますので大抵のものはそろいます。

琵琶湖、彦根城や観光地がすぐ近くなのでお休みは退屈しません!

人間関係? 大丈夫!

20代、30代の従業員が多く、仕事はきちんと、時間外はわきあいあい。

研修期間もしっかりともうけられ、慣れるまでしっかりサポートしてくれます!

やりがい? 大丈夫!

日本の製造業はいまだ世界トップクラスです。その最新の技術には目を見張るものがあります。

期間社員を経験される方の多くは、その最新の技術に魅了されるといいます。

ブリヂストンなら、不安要素はありません。

給与も、手当も、お休みも、人間関係も、研修も、やりがいも大丈夫!

自分次第で稼げる職場なのです!

ブリヂストンってどんな事するの?

ブリヂストンに入社したとしたら、期間工の仕事はどういったものがあるのでしょうか。
まず、ブリヂストンでの製造工程を見ていきましょう。

ブリヂストンでは、もちろんタイヤの製造を行っています。
タイヤの製造には、「混錬」「パーツ作成」「成形」「加硫」「検査」「出荷」の工程があります。
「混錬」は、タイヤに使うゴムの原料を混ぜ合わせる工程。
天然ゴム、合成ゴム、カーボンブラック、硫黄、オイルなどを機械で混ぜ合わせ、板状に加工します。
「パーツ作成」の工程では、タイヤ自体を「トレッド部」「カーカス部」「ビード部」と大きく三つに分けて作成していきます。
「トレッド部」は地面に接地する部分。
「カーカス部」は側面部分。
「ビードワイヤー部」はホイールと設置する部分です。
これらもすべて機械がやってくれます。
「成形」では、これらの三つのパーツを機械で張り合わせてから、金型に入れて加熱、加圧し、強力で弾力のあるタイヤへと成形します。
「検査」「出荷」では、人の目で傷やゆがみを厳しくチェックし、検査をパスしたものだけが自動車会社へと出荷されていきます。
タイヤの製造には、こうした工程があります。
ほとんど機械が作業をしてくれますので、期間工の役割は、機械の操作が主になります。
そのほか、運搬作業など。
工程を見るとわかるように、各部署で差はありますが、自動車製造工場とは違い、暑い、重い、ゴム臭いといったことはあるようです。
タイヤは本当に重いです。
通常サイズのものでも1本15キロ程度。
これを一日中扱うとなるとかなりの重労働ですね。
男性だけでなく、女性でも、未経験者でもできる簡単な仕事ではありますが、慣れるまでは体力的にはきついです。
もちろん検査業務への希望者数が多いですが、各部署への配属は会社側の判断で、希望通りにはいきません。
こうしてみると、ブリヂストンでの期間工の仕事は確かに楽ではなそうです。
ただ、もともとはただのゴムだった原材料が、各工程を経てタイヤになっていく姿を見るのはものすごい達成感です。
製造業は結果が目に見えるやりがいのある仕事なのです。

今がチャンス!急げ!

ブリヂストンは国内に10数か所の工場を所有しています。
そのうち、好条件で現在期間社員を募集している工場は数か所のみ。
鳥栖工場の募集が終了して、彦根工場など残すところ数か所となってしまいました!
この機会を逃すと、すぐにブリヂストンの求人がなくなってしまいます!
だから今がチャンスなのです!

とくにブリヂストンの彦根工場は、立地などを含めて条件がとてもいい!

琵琶湖も近く、バス釣りの好きな人にもオススメですし、観光地がたくさんあり、歴史好きの人にもたまらない立地です。

油断するとすぐになくなってしまうような非常に良い求人です。
時給は1400~1500円という期間社員でも最高峰。月収例は31万以上にもなります!
お休みは土日の週休2日制。もちろん、ゴールデンウィーク、夏季、冬季休暇、有休あり。
残業、深夜、休出各手当あり。夏冬のボーナスもあります!
社会保険も完備。正社員登用制度もあり。
これも今だけ、募集しているサイトによっては入社祝い金10万以上支給されるところもあります!
仕事に慣れるまでの1カ月は、日勤のみで深夜はなし。福岡工場では担当の管理者がいて相談にも乗ってくださいます。サポートが充実した、きちんと新人のことを考えてくれている企業です。
一刻も早く申し込まないと、もう一杯かも!?

ブリヂストン期間社員なら今しかない!

ブリヂストンの期間社員の魅力について、しっかりと理解していただけたでしょうか?

こうした条件のいい求人というものは、期間工でも探しにくいといえるでしょう。

私なら今の仕事をやめてでも応募する価値ありです!

特に、ものづくりが大好きな人、自動車が大好きな人にはこれ以上ない職場だと思います。

いい条件で求人が出ている今がチャンスです!

募集締め切りになる前に、ぜひ一歩踏み出してみてください!