期間工辞典@peacegovernment

借金持ちだったけどなんとかpeacefullな生活を送れるようになった僕のブログ。

長期の住み込み求人は稼げる?短期求人との比較をしました!

長期の住み込み求人を探している…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

住み込みで働きたいという方は意外と多いと言われています。

それもそのはず、最近ではアパートを借りるのもお金がかかりますし、家賃などを考えると一人暮らしは厳しいという方も多いでしょう。

長期住み込み求人ならば、家賃が浮きますし、しっかりと貯金をすることが出来ます。

そこで、長期で住み込みをすることが出来る求人にはどのようなお仕事があるのでしょうか。詳しく見て行きましょう。

◇女性が活躍できる長期住み込み求人は?

男性だけではなく、女性の方で長期住み込み求人を探している…という方も今は多いようです。

工場勤務というと、力仕事や体力勝負というイメージがありますので、男性が多いと思います。

しかし、女性の方でも活躍することが出来る長期の住み込みのお仕事も存在します。

それが、期間工の求人です。

期間工のお仕事は、男性のイメージがありますが、工場の仕事内容によっては、女性の方が良く、また女性の場合には、体力的に負担の少ない部署に回して貰うことが出来るため、安心して働くことが出来るでしょう。

特に、デンソーなどの期間工は、女性や中高年の人が多いのが特徴です。

交通に75分以上かかる場合は、入寮可となっていますし、時給なども高く、各種手当てが充実しているなど、待遇もしっかりとしています。

また、正社員登用を行っており、女性の方も積極的に正社員登用を行っています。

 

◇女性を募集している寮付きの仕事

 

女性を求める仕事は多くあります。製造業の期間工には、抵抗があると言う女性には、美容師などの寮付きの仕事もあります。未経験者で、これから美容師として勉強をしようと言う女性でも、求人応募は可能ですが、正式な美容師になれるまでには、少し時間がかかりますね。また、給料面もかなり安い場合が多く、強い意志と目標を持っていなければ、なかなか続かないと言う現実もあると言われています。

 

その他にも、飲食店のスタッフなども求人募集を多く出していますが、深夜勤務のあるところでは、寮も用意している会社も多くなりました。それでも、人材不足が常態化しているようで、離職率も高いとされています。残業が多いことや、仕事内容に比べて、給料面が満足できないと言う人が多いからです。寮完備と言っても、二人部屋だったり、他人との共同生活が精神的に辛いと言う声もありますね。

 

介護職も人材不足が深刻な状態で、常に求人情報が出されています。それを見ると、寮完備のところも多いのですが、仕事が過酷なことがなかなか人が集まらない理由でしょう。給料面も改善されつつありますが、まだまだ他の仕事と比べると、金銭面での問題は大きいですね。

 

◇長期住み込み求人のメリットは?

長期の住み込み求人には、さまざまなメリットがあると言えるでしょう。

大体の期間工のお仕事が3~6ヶ月程度の契約となっていることが多いですが、長期で働くことによって、満了慰労金などが増えたり、また給与アップなどの見込みがあるというメリットがあります。

経験を積めば積むほど、手当が加算される求人も多いですし、短期の方と比較しても、給与が割り増しとなることが多いです。

また、期間工のお仕事は、慣れが肝心のお仕事となりますし、最初は肉体的に負担がありますが、慣れると問題なくなるケースが多いです。

このため、長期で住み込みで働くことによって、工場の勤務にも慣れますし、継続して働き続けやすくなります。

また、長期の住み込み求人で働いた場合、正社員登用試験を受けることが出来る可能性が高いです。

期間工を募集している自動車メーカーなどでは、正社員登用試験を受けることが出来る目安を1年以上と定めていることも多く、1年以上の長期で働くことによって、正社員登用試験を受けることが出来る可能性が高いです。

短期の求人と比較してもこれだけのメリットがあると言えるでしょう。

◇長期住み込み求人でかかる費用はある?

長期の住み込み求人ではどのような費用がかかってくるのでしょうか。短期間ならともかく長期なら、さまざまな費用がかかるのではないか…と不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、結論から言うと、長期の住み込み求人であったとしても、その費用などはほとんどかからないといえます。

なぜなら、ほとんどの期間工求人で、寮が完備されていて、寮費が無料、そして光熱費が無料となっているからです。また求人によっては、食費補助が出たり、社員食堂が完備されているなど、食費に関してもほぼ心配が必要ありません。

しかし、寮は共同生活となりますので、洗濯機や乾燥機などの共同のものを使用すると、有料になることが多いです。

一回につき100円~200円程度になりますが、これらをプリペイドカードなどで支払う方式になります。

また、それ以外に、長期の住み込み求人でかかる費用に関しては、雇用保険、所得税、社会保険料などがかかります。しかし、これは期間工の給与から、15~20%程度の金額が差し引かれる形になります。

また、勤務地が都会から近かったり、出稼ぎに来ているという場合には、休日に遊びに行ったりするとその都度、交通費などの費用がかかってしまうことになりますので、気をつけるようにしましょう。

◇長期住み込み求人は、高収入が期待できる?

長期住み込み求人は、高収入が期待できるお仕事と言えるでしょう。

経験を積めば積むほど、手当が加算されることもありますし、短期の方よりも、満了慰労金や報奨金などの受け取る額が増えることにも繋がります。

しかし、長期の住み込み求人で、途中で辞めてしまったという場合には、これらの給与や手当を受け取ることが出来ませんので、注意をするようにしましょう。

未経験者の方で、仕事について不安があるという方は、最初は短期から始めた方が良い場合もあります。

 

◇期間工の仕事がお勧めなわけ

 

いろいろな仕事を見てみると、様々な特徴とメリット、デメリットがあることがわかります。自分がどんな仕事をしたいのか、どんな仕事ができるのか、それを見極めるには、やはりその世界に飛び込んでみなければわからないですね。

 

期間工の仕事は、最短3か月から応募することができます。他の仕事であれば、使用期間とも言われる時期ですが、期間工は契約社員として扱われます。仕事を始める際には、赴任費全額負担ですし、入社祝い金も支給されます。また、高額な月収と、期間満了金も約束されています。万が一、最初の契約期間で辞めたいと思っても、満了金を受け取って、契約を打ち切ることができます。

 

けれど、実際には、最初の契約期間を終えると、ほとんどの期間工は更新希望を出すと言います。このまま続けることが一番良いと判断できるからなんですね。仕事の内容、給料面、寮での生活を考えると、期間工で働くことのメリットが大きいと感じられたと言うことでしょう。期間工の仕事がどれだけ高待遇なのかが良くわかりますね。

◇まとめ

いかがでしたでしょうか。住み込みの求人で長期で働きたいという方も多いと思いますが、さまざまなメリットがあると言えるでしょう。

住み込みのお仕事で、長期となると、短期よりも給与が高くなることが多いですし、費用の負担もそれほどありません。一度検討してみてはいかがでしょうか。