期間工辞典@peacegovernment

借金持ちだったけどなんとかpeacefullな生活を送れるようになった僕のブログ。

どこよりも詳しい三菱自動車期間工まとめPart2

この記事は「【読まずに応募はNG!】三菱自動車期間工を考えている人は絶対に読むべき情報まとめ」の続きとなるpart2記事です。

三菱自動車の期間工についてより詳しく知りたいという方は上記の記事からご覧ください。


※下記の文章は経験者の肉声を元に、ブログ編集部が校正して掲載しております。

こんにちは、ご意見番です。

今回は三菱自動車期間工のことについて、お話ししたいと思います。

 

三菱の現状について解説

三菱自動車と言えば、去年の燃費偽装問題が問題になりました。

それからアウトランダーPHEV(プラグインハイブリッド)が全世界で大きく売り上げを伸ばし、三菱自動車復活っていうことで、実際に販売をけん引していますが、ある最悪条件でフル充電をしようとすると、ちょっと電池の発熱が問題になっているというところで、少し市場処置も出したというところは記憶に新しい。

そして三菱自動車はカルロスゴーンのもとに下り、日産の子会社になったっていうところも記憶に新しいと思います。

そういう中で、三菱自動車の今後の状況ですが、仕事状況なんですけれど、まずは、日産と三菱で得意分野はシェアしあう、ということは逆に競合車種については統合されますことは予想されますので、その結果トータルの台数はわからないんですけれど、ある特定車種は、打ち切りに向かうという風に考えていいかもしれません。

もう一つ、燃費偽装問題が長引いていることから、その間、お客様に対する車が売れなくなりますということに対して、生産台数が少なくなります。

生産台数が少なくなるということは、それだけ仕事が減るということですので、三菱自動車の工場が、今のところプロパー率が高いという風に他の会社よりは予想されます。

という中で、期間工を募集しているっていうところは、今後増産計画があるか、もしくは、生産の一部はそのまま期間工にあてがわれているかっていうことが予想されます。

でも、プロパー率が高いっていうことは、指導できる人が多いということですし、あとは、生産台数が少ないということは、それだけ残業がなくて稼ぐという面ではいいんですけれど、いきなり工場の自動車生産ラインになってフルで働くという観点においては、残業(深夜残業)とかも含めて働くと、身体が辛くなります。

なのでまずは立ち仕事に慣れるんだというステップ的な意味で、あえてここを狙うというのは、悪くない選択肢ではないかと思います。

いきなり高給を狙って深夜残業をフルに使って狙うのか、まずは身体を慣れさせていくのかという点を意識して、三菱自動車を選んでみてはいかがでしょうか。

 

三菱自動車の仕事内容について

自動車の内容っていうところなんですけれど、2017年5月現在募集求人とだと、溶接、板金、成形、塗装、組立、検査、リフト作業。

「溶接」は、その元となる部品の溶接ですから、板金と溶接は似たようなものなんですけど、板金はそれを打ちたたいて形にする、溶接はそれをつなげる。危険ですけれど、一応溶接の資格とか持っていると、採用されやすいかもしれないですね。

 

「成形」は、機械がやるものなのでちょっと色んなものを成形すると樹脂ものは臭いとか、臭くなっちゃうんですけれど、そんな形。塗装も臭いですし、あとは場所によっては腕が痛くなるようなところです。

 

「組立」は、ひたすら立ちっぱなし、動きっぱなしでとても辛いですが、自動車の作るというのを実感できる花型の部署。

 

で、「検査」は、この中では一番楽ですね。

ただ、お客様にわたる車っていうところに対して、欠陥品を出してはいけないという意味で責任感が強くそのミスを見逃さないという姿勢が必要なため、漫然的な仕事ができないっていう緊張感が必要となる職場です。

 

「リフト作業」は、その部品の積み込み、移動。エンジンだと出荷の時にトラックに積む。車の組立工場だと、その届いた部品をその作業場に置くとか、そうゆうところでこれもフォークリフトの資格があると便利なものです。

 

契約期間は最低3ヵ月。時給は1050円。普通ですね。

勤務地によっては、入社祝い金、満了手当て、皆勤手当て。

こちらの方は、ちゃんと資格を見ながら勤務地を選びましょう。

福利厚生としては、社会保険完備、交通費全額支給、作業服、作業帽対応、食堂利用可能。

工場での食事は有料ですが、寮の食事は3食全て無料。

寮の食事がどれぐらい完成度が高いのかはわかりませんが、無料っていうところについては、裏があるので、運が良ければ美味しい、運が悪ければ外のコンビニとか食堂に頼ることになるでしょう。

そうゆうところに、仮にご飯がマズくても大丈夫っていう人はお金を稼げる素質を持っています。

 

短期でガッツリ稼ぎたいという人が三菱自動車がお勧め

先ほど、一番最初に三菱は今のところ生産台数が少ない場合は、残業はないと言いましたが、そういうところは、雇い止めもありうるということです。

ということは、雇い止めだったら、そのままピタっと職を失うという危険性はあるんですけれど、先ほど申しました通り、身体をまず慣れさせるという意味においてのステップアップっていうところでは十分優良的な職場だと思います。

 

それに、三菱は岡崎に工場があるんですけれど、愛知県の場合ですね。

岡崎に勤めた場合は、近くにデンソー、アイシン、トヨタがありますので、そちらの方の工場に流れることができます。

いわゆる逆に、岡山県の倉敷市の工場の場合ですと、こちらの周りには西側の方にマツダはあるんですけれど、東側の方、三菱の工場で期間工は募集したかわかんないんですが、自動車関連会社だと三菱電機があるよっていうところで、いわゆる瀬戸内にも部品メーカーは集中していますので、求人を気にしていれば、それほど引っ越しの負担というのは多くなく続けて働くことができると思います。

 

三菱の勤務候補地は5箇所ということで、本社のある辺りの開発の拠点というのは、岡崎ここは、陸の孤島で基本車じゃないと行きづらいところ。周りに鉄道の駅はありません。寮から普通にバスで動くということがメインになると思います。

 

水島、こちらの方は岡山県倉敷市で、瀬戸内海のほんとそばにあります。

こちらの方もバスで通うことになるでしょう。

加茂工場、賀茂郡の方にあり、岐阜県の木曽川沿いにあります。

こちらの木曽川沿いのところはパジェロ、株式会社パジェロじゃないんですね。

パジェロ製造株式会社っていうところで、パジェロ専用の工場になっています。

なので、ちょっとばかり経路が違うようです。

で、京都工場、湖南工場っていうところで、あと、京都府と滋賀県にも工場があります。

工場の場所とかによっても、あとは、どこの車、どこのメーカーにエンジンを卸すのか、車を造るのかで変わってきますので、そもそも何を造ってるのか?っていうところを注意しておくと良いでしょう。

 

例えば一昔前ですと、韓国のヒュンダイ社には、三菱のエンジンが載っていたということもありましたし、エンジンが必ずしも三菱の車だけに載るとは限りません。

というところで、仕事が多い少ないはどのメーカーが三菱のエンジンを使ってるのかっていうところを見ておくと、もしかしたら参考になるかもしれません。

 

岡崎工場ですと、自動車製造、各種作業、29万2320円、その前提は週休2日、残業42時間、休日出勤2日、当然交代勤務もありますね。

京都工場ですと、エンジン清掃。

エンジン製造の場合は、夜勤が12日、交代勤務、残業44時間。だから1日あたり残業2時間。休日出勤1日っていうことなんで、月に4週間あるとしたら、そのうちの一つが休日出勤1回というところで、まあまぁの稼働率になります。

こちらですと、33万8000円、湖南工場、滋賀県の工場もエンジンの製造。こちらの方は、京都工場とだいたい同じですけど、京都(工場)は京都の方が近くなるところで、色々見るものが多くなるので、休日が楽しみになるんですけれど、湖南工場ですと、少し田舎になりますので、生活費は安くなるんですけれど、色んなところに行くのに遠いということになります。ただ、寮で暮らす分にはあまりその区別がないのかなという風な印象になります。

 

寮の設備の方ですね。例えば、集合寮の3~4、5畳の洋室タイプ、あとは、個室タイプ、あとは相部屋タイプとか、色々その寮によってタイプが違います。ただ、この寮を選ぶっていうことはできないようですので、ご注意ください。

 

三菱の期間工に対するコメントというものは以上です。

***********監修プロフィール***********

期間工ブログライター:ご意見番さん

元スバル期間工・元トヨタ期間工

30代男性・東京都在住

自動車業界での経験が豊富

特に期間工業界の専門家としての立場から、当ブログの記事の監修をお願いしています

**************************************